ボルボックス


ムダなくすばやくすべてを
volvox

開発の背景等

開発の背景
フロントエンドに内在する問題

PC向けのHTMLファイルに直接テキストを書くと、そのテキストは他のデバイス/メディアに流用することが難しくなります。またHTMLの基本単位はページであり、内容と体裁を完全に分離できないので、テキストやスタイルを職能/権限などに分けて管理することもできません。

融通がきかない安価なCMS/文書管理が難しいIID

そのような問題を解決する技術のひとつがCMSですが、広く流通している安価なCMSは、バックエンドの文書設計やフロントエンドの生成方法が固定されているものが多く、それを変えるにはさまざまなプラグインが必要になります。しかもそれでも自由な文書管理ができるわけではありません。いっぽうさまざまなIIDツールがありますが、これらも柔軟な文書管理の機能を持っているとは言いがたい状況です。

開発の目的

ツール”ボルボックス”の目標は、文書管理を基盤にしたIIDツールです。これを無償で提供します。

文書管理

ここでの文書管理は、機械可読な文書の設計〜運用(ドキュメント・エンジニアリング)であり、W3C標準であるXML/XSL/RDFなどの技術を使います。

それら文書管理の標準技術を基盤にしつつ、さまざまな問題に対応できるよう、ツール自体は単純にし、最大限の拡張ができる仕様を目指しています。

実装基準

そのためこのツールの開発には、3つの基準を課しています:

テキストは、どのようなXMLでも使えること(XMLに特殊な様式を要求しない)
スタイルは、ピュアなXSLだけで書けること(特殊なタグなどを書く必要がない)
プロセスは、どんな言語でも制御できること(特定のプログラム言語に依存しない)
名称の由来

ボルボックスは藻類の一種で、細胞群体の典型的なモデルとして知られています。比較的最近になって単細胞生物から多細胞生物に進化したため、その構造はとても単純で、細胞群の協調による活動を明瞭にみせてくれます。

このソフトウェアの大きな特徴も、多くの「細胞」(外界との界面をもち流れを制御する)の組み合わせによる多様なふるまいです。ボルボックスのシンプルでありながらバリエーション豊かな構造は、このパッケージが目指す目標と重なっています。

謝辞